台風被害を受けた江ノ島で、修復のためのクラウドファンディング

10月の台風でオリンピックのヨット競技の開催地になっている神奈川・江ノ島のマリーナが被害を受けたことがニュースになっていましたが、
湘南海洋教育スポーツ振興協会というところが、復興資金の調達プロジェクトをクラウドファンディング「CAMPFIRE」で開始するそうです。

ニュースはこちら
https://www.value-press.com/pressrelease/192603

クラウドファンディングのサイトはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/51430

ヨット(ディンギー)の転覆2件

11月4日(土曜)に福井と岩手でヨットの転覆事故があったという報道がありました。

ヨットといってもディンギーで、転覆することは最初から想定して設計されている乗り物ですが、救助に向かった船も転覆したというのは、あまり例がないかもしれません。

まず福井では、全日本学生ヨット選手権に出場していたヨット3隻が転覆し、乗っていた選手は参加艇に救助されたものの、転覆した船を回収しに向かった主催者の救助艇2隻が転覆したそうです。

投げ出されたのは10名で、うち軽傷1名。

海上保安署によれば「事故当時の天候は雨で、北西の風約10メートル、波は2~3メートルだった」そうです。

ニュース記事はこちら
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/257099

一方こちらは、岩手の高校ヨット部のヨット3隻が救助されたというニュース。
風が強くて、沈おこしができなかったそうです。

ニュース記事はこちら
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20171105_2

ヨット実習のある中学

中学の部活にヨットがあるのは全国を見渡せばいくつかあるでしょうが、
授業の一環でヨットの実習が行われている中学があるそうです。

しかも、自分たちが乗るディンギーヨット自体を自作しているそうです。

こちらに記事があります(雑誌AERAのオンライン版)。
https://dot.asahi.com/aera/2017110100029.html?page=1

合板のキットでしょうが、OPにそっくり(マークが違う)です。
また写真を見る限り、艇種は1つではないようです。

神奈川の逗子開成中学という全国的に有名な進学校ですが、
学校のホームページにもヨットの写真が掲載されています
http://www.zushi-kaisei.ac.jp/

台風22号

台風21号が通過したばかりですが、台風22号が発生しました。
ほぼ21号と似たコースをたどるようです。

まだ気圧1000 hPaと小さく、気象庁と若干異なる米軍の基準では、熱帯低気圧レベルでまだ台風に達していませんが、今後、成長する可能性があります。

http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/

今週末の天候

この一週間というもの、有明海では、ほぼ毎日のように北寄りの強い風が吹いていて、海は荒れ気味ですが、今後はいったん小康状態になった後、台風21号の北上に伴って、週末から来週にかけてまた荒れてくるようです。

21号は本日(18日)午後6時45分の段階で、

中心気圧970hPa、最大風速毎秒35m、最大瞬間風速50mで、

今後もまだ成長する可能性はあるようです。

秋の台風にしては速度が遅く、21号が九州に上陸する可能性や九州西岸が暴風雨圏に入る確率は低いようです(現時点で、土曜午後3時までに熊本が暴風圏に入る確率はほぼなし)。

気象庁の台風進路予測

米軍の進路予測

第42回熊本ヨットクラブ会長杯ヨットレース 追加情報

10月21日(土曜)に開催される熊本ヨットクラブ会長杯ヨットレースについての追加情報です。図はクリックすると拡大します。

●レース海域
スタート:右の大きな赤丸(有明町・黒島付近)
フィニッシュ:左の赤丸(本渡・ホテルアレグリア沖)

タイムリミットの時間以降はAYCの泊地入口の水深が不足するため、
フィニッシュ地点の本部艇はヨットではなく紺と白の小型モーターボート(こはえんかぜ)になりますので、ご注意ください。
目印にクラブ旗を掲揚する予定です。

なお、本渡港の水深は(航路を外れない限り)まったく問題はありません。

●レース艇の係留場所
本渡港で、旅客船用の大きな桟橋からさらに奥に進むと、3つの小桟橋があります。
その一番手前(公共桟橋)に係留してください(赤丸)。
その先にある赤い桟橋と一番奥の緑色は漁協専用(必要に応じて交渉見込み)。

●公共桟橋から後夜祭会場(アレグリア併設のペルラの湯舟)まではバスの送迎があります。

●レース当日の潮汐(本渡)
10月21日 満潮 9:33  干潮 15:39  満潮 21:27
10月22日 満潮 10:04 干潮 16:07

当日の潮の流れはこうなっています。
10月21日午前10時(スタート時刻)

10月21日午前11時

このところ有明海では台風20号(中国大陸方面)の影響と思われる強い風が吹いています。
来週末にはまた別の影響が出てくる可能性もありますので、気象予報はしばらく要注意の状態が続くようです。

にっぽん丸の三角寄港について 10月21日(土)

10月21日(土)は熊本ヨットクラブ会長杯ヨットレースの開催日ですが、当日に「にっぽん丸」(22472トン、全長167m)が三角港の旅客船バースに入港・接岸するようです。

接岸 午前8時 離岸 午後5時(予定)

入出港の航路は八代海経由(蔵々ノ瀬戸、寺島航路)のようで、有明海には直接影響はありませんが、近くを通る場合はご注意ください。
熊本県土木部港湾課からの「お知らせ」はこちら。
Nipponmaru_20171021

台風18号

発生当初は台湾・中国大陸方面に向かうとされていた台風18号ですが、
昨日の予測で今後東に急旋回し、今週末に九州に最接近しそうです。

本日(13日)午前9時現在
中心気圧 965hPa
最大風速 40m/s
最大瞬間風速 55m/s
北西に時速15kmで進んでいて、今後さらに強まるようです。

気象庁の進路予測(クリックすると拡大します)

米軍の進路予測