パールレースと「スマホでヨットレース」

伊勢志摩の五ヶ所湾から江ノ島までの夏恒例のロングレース『パールレース』が終了しました(本日午後2時がタイムリミット)。

それはともかく、このレースは『スマホでヨットレース』というユニークなソフト/アプリを使って生中継されていました。

このアプリは本格的に運用されるようになって2年目くらいで、まだまだトラブルも多いようですが(航跡が出なかったり陸を走っていたり、、、)、少しずつこなれてきている印象です。

パソコンの画像はこちら(クリックすれば拡大します)
pearl-yacht-race_201607

スマホのアプリ NetLogger での画像はこちら
Screenshot_2016-07-31-19-51-27

使用する機材が参加艇のスマホだけと、簡便で安上がりなので将来性もありそうな感じがします。

また参加していない人でも、自宅のパソコンやスマホで参加艇の位置がわかるし、クルージングでも外部に非公開で使用できるそうなので、レース以外の用途もありそうです。

手作り感満載のウェブサイトはこちら
http://yachtrace.jp/

どういうものかの説明はこちら
http://yachtrace.jp/index2.html

白石康次郎・バンデグローブ・クラウドファンディング

白石康次郎さんが単独無寄港無補給のバンデ・グローブ世界一周レースに参加するようです。

必要な費用は3億5000万円。ものすごい金額ですが、スタートは11月で、今から船を造っていたのでは間に合わないので、そういうものはほとんど確保しているんでしょうね。

ヨットの冒険は、航海自体に求められる体力や技術に加えて、自己プロデュース力と資金調達力が必要ということでしょうか。

とはいえ、必要な費用のうち5000万円をクラウドファンディングで調達する計画のようです。10月までですが、7月27日現在で約600万ほどになっています。

クラウドファンディングのサイトはこちら
(経歴や現在の進行状況、使途なども整理して記載されています)。
https://a-port.asahi.com/projects/vendeeglobe

AYC: 新しい船台の上架前チェックリスト

7月に新しい船台が完成し、ポパイとノアノアを上架し、調整の目安を確認しましたので、簡単なチェックリストを作成しました(pdfファイル)。

今週も3艇目が上架予定になっています。19フィートから34フィートまで上架できるようにするため、事前の点検と調整が必要になるので、上架前に目を通しておいてください(要点だけ2枚にまとめてあります)。
AYC-slipway-checklist

 

アメリカズカップの前哨戦 英ポーツマス大会開幕

アメリカズカップの本大会は来年(2017年)ですが、その前哨戦となるワールドシリーズの第7戦がイギリス・ポーツマスではじまりました。

ニュースはこちら
http://www.sankei.com/photo/daily/news/160724/dly1607240004-n1.html

ソフトバンク・チーム・ジャパンは昨年よりは成績も着実に上がってきて、このところ3番手前後で安定しているようです。

このワールドシリーズの一連の大会は今後、7月にイギリス、9月にフランス、11月に日本(福岡)で開催予定です。

チーム・ジャパンのホームページはこちら
http://softbank-team-japan.americascup.com/jp/news/274_.html

スポンサーのルイヴィトンの冠がついたワールドシリーズのサイト(英語)はこちら
https://www.americascup.com/

AYC: 7月23日(土)体験セーリング

7月23日(土)、天草ヨットクラブ(AYC)の泊地周辺(本渡中学の校舎横)で、熊本県立苓北支援学校の先生方を迎えて親睦会と体験セーリングを行います。

当初予定していたよりも参加者数が増えそうなので、クラブ員で都合のつく方はお手伝いをお願いします(自艇の提供、クルーでの乗船、陸上での準備など)。

集合時間などについては、後日あらためてお知らせします。
(時間と場所については、個別に直接連絡いたしました)

詳細の照会先:担当の風小僧(山田)。直接電話するか、ホームページのメールからお問い合わせいただいてもかまいません。

66歳で太平洋横断

今年の5月に鳥取県を出港したヨット(カモメ-V、オーナーは66歳)が事故もなくサンフランシスコに到着したようです。

往復航海ということで、あまり時間をおかず復路での横断に出られるようです。

ニュースはこちら
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160706/k10010584691000.html

航海日誌をかねたブログはこちら
http://shinkichikamome5.blog.fc2.com/

おもしろいのは ネット上で現在位置を追跡・確認(1時間ごと)できることです。
これは沿岸セーラーでも使えそうな技術ですね。
kamome-tracking-201607