小型ヨット自作者と神奈川新聞

小型ヨット自作者のニュースがありました。
http://jisin.jp/serial/other/kanaloco/25199

内容は、小型ヨットを設計し庭を作業場にして合板やブルーシートで作り続けているという76歳の男性を紹介したものです。

これ自体は(ヨット乗りにとっては)どうということもありませんが、掲載された媒体が女性誌のweb版というのが珍しい(?)でしょうか。

元ネタは神奈川新聞です。
神奈川といえばヨット発祥の地の横浜や東京オリンピックのヨット競技会場となる江ノ島(湘南港)を抱える県ですが、この新聞にはヨットの記事が非常に多いですね。

白石康次郎のバンデグローブ世界一周レース参加や、油壺湾でのヨット関係者の人命救助から、ソフトバンクのチームジャパン関連のニュース、木造ヨットの体験乗船、OPなどのディンギーレースまで、他紙では見られないような豊富さです。

その一端はこちらで閲覧できます。
http://www.kanaloco.jp/keyword/c39f0e87d758f06a4d25e3c796ad21ba/

蜂の駆除完了

YYCの桟橋に蜂が大量発生し小生も刺され数日間痛みを感じましたが、やっと駆除が出来ました。ハチの巣がメインポンツーンに5個 袖に3個 船のアンカーウエルに1個ありました。蜂が低いところに巣を作る時は台風が多いと昔から言い伝えがありますが来ませんように。。。。。

第38回八代ヨットクラブ会長杯ヨットレース

掲示板に告知がありますが、実施要項を送っていただきましたので、このトップページとカレンダーのページからダウンロードできるようにしました。

実施要項(2ページ目が参加申込書になっています。記入できるようにワードファイルのままです)。
38回八代会長杯レ-ス実施要領

 

ヤマハとソフトバンク・チーム・ジャパン

アメリカズカップに参戦しているソフトバンク・チーム・ジャパンの本番で使用するヨットをヤマハが建造するようです。

http://response.jp/article/2016/08/19/280338.html

撤退したヨット事業に再参入か、と思ったら、設計は参加全チーム共通で、船体の建造だけを担当するようです。

熊本地震復興支援イベント

熊本地震復興のイベントで、海がらみでまだ応募可能なものがあるようです(参加無料)。

●帆船「みらいへ」日帰りツアー
内容:   船上での展帆、畳帆、ロープワーク、操舵体験、ゲーム他
開催期間: 第二期 8月19日(金)~23日(火曜)の毎日
対象:   小4~中3(避難所避難中の方を優先)
集合解散: 熊本港フェリーターミナル2階会議室
申込期限: 第二期分 2016年8月10日(水)当日消印有効 往復はがきで申込み

●大型フェリーで行く「九州西岸沖クルーズ」
内容:   八代港発着の1泊2日のクルーズ。
八代港~甑島列島~錦江湾~長崎・軍艦島~早崎瀬戸周辺のイルカウォッチングなど
日程:   8月27日(土)~28日(日)
対象:   小6~中3
申込期限:  8月14日(日)必着、普通はがきで申込み

イベント共通の応募条件
•熊本県在住の方 ※避難所に避難中の方を優先
•集合場所までお越しいただける方
•イベント当日の写真とビデオの撮影、ホームページ等での使用をご承諾いただける方

詳細はこちらのウェブサイトから
http://www.nippon-foundation.or.jp/news/articles/2016/40.html

イベント詳細のpdfファイルはこちら
http://www.nippon-foundation.or.jp/news/articles/2016/img/40/20160728_news.pdf