本渡港にDonbra-Go寄港

昨日、本渡港に寄港した Donbra-Go(神奈川)です。

葉山の老舗セールメーカーさんなので、ご存知の方も多いかと思います。

南から甑島、崎津をへて本渡に寄港されました。

崎津を含めた一連のキリスト教遺跡群は来年世界遺産に認定される可能性が高く、そのほとんどが島や沿海部にあるので、海からめぐる世界遺産という形でのクルージングも増えてくるかもしれません。

天草市の花火大会

日時: 7月29日(土) 午後8時30分~9時15分 12000発

会場:打ち上げは本渡港周辺、

指定の観覧場所は大矢崎緑地公園(AYCの泊地の横)になっています。

花火大会のサイトはこちら
http://haiya.org/
この花火大会は海上からも観覧できますが、基本的に本渡港内は進入禁止で、

船を錨泊させる場合は赤灯台より外(東)になります。

なお、この海域は水深が浅く、先週の連休も、早崎瀬戸方面から南下してきた大型モータークルーザーが赤灯台の右側から航路に抜けようとして座礁(自力脱出)しました(赤×)が、ご注意ください。

台風3号余波 - AYC 本日の泊地

台風3号は長崎付近に上陸した後、高速で九州北部を横断し、午前中に警報は解除されましたが、小なりとはいえ台風は台風で、AYCの泊地(大矢崎)は海上係留艇は異常なしですが、陸上はこんな感じです。

角度を変えるとこんな感じ。

手前に見えるのがひっくり返った船台、船体は斜路で大潮の喫水線あたりに横転、その右に見えるのは陸の学校側に置いてあった物置。

こちらはディンギー(一艇のマストが折れてます)。

ペラ脱落

本日夕方、ノアノアが上架しました。

先週の日曜に、港を出たところで、ヨットのペラ(スクリュー)が脱落したそうです。

原因は不明ですが、外洋ならともかく、沿岸を航行中にこれが起きると事故につながりかねないので、こわいですね。

対策としては上架時にネジ等のゆるみがないかチェックし、海上ではエンジンの異音に注意するくらい?

天草国際トライアスロン大会 写真追加

昨年は休止された天草国際トライアスロン大会が今年は 6月11日(日曜)に

熊本地震復興支援第32回天草国際トライアスロン大会

として再開されます。

詳細はこちら
http://amakusa-triathlon.jp/

スイムの部の監視艇としてAYCのボントン(1号艇)とビエント(2号艇)が協力します。午前7時出港予定。配置は次の図の通りです。

泊地周辺はランやバイクのコースになっていて、沿道の応援も多いので、
時間帯によって交通規制も敷かれますし、駐車場も大変に混雑します(例年通りの場合)ので、ご注意ください。

なお、当日の天候にもよりますが、事務局から連絡があったように、監視艇の業務終了後、ポンツーンの補修を行います(さび止め塗料の塗布)。

係留艇のオーナーの皆さんは刷毛と塗料を入れる容器(ペットボトル)を用意し、汚れてもよい服装でおいでください。


無事に終了しました。写真です。



番外編
2号艇のビエントの代わりに急遽出艇したFreedomRun

番外編2
ウインドサーフィンの半分はSUP(スタンドアップパドルボード)と交代していました

番外編3
前回までの実機のヘリコプターはなく、空中から撮影していたドローン

AYCの釣り大会

天草ヨットクラブ(AYC)の釣り大会の案内です。

日付:6月4日(日曜)
時間:出港時間は自由。正午までに帰港報告を行ってください。
潮汐:長潮 満潮 05:06  干潮 11:30 (121 cm)
計量と表彰式:ポンツーン
終了後、陸上に移動してバーベキュー
釣り大会は無料ですが、バーベキューは大人1人1000円(子供は無料)です。

出欠を問い合わせる往復はがきが届いていると思います。
準備の都合上、欠席の場合も事務局まで連絡をお願いします。

浦島太郎杯 番外編

日曜の浦島太郎杯レースは風がなくて各艇苦労されたようですが、おつかれさまでした。

AYCから唯一参加した FreedomRunも途中リタイヤしたそうですが、有明海側に戻ってきたところで風が吹き出して快走中──の動画です。

撮影:午後に体験セーリング中のpopeye艇のゲストさん提供

自分のヨットの帆走シーン中を撮影してもらう機会はなかなかないのですが、これもふだんの行いのおかげでしょうか…

なお、6月4日(日)の釣り大会の案内(往復はがき)がそろそろ届くと思いますので、早めに出欠の返事をお願いします(6月から郵便代が値上がりします)。

本渡港に寄港したヨット

本渡港の公共桟橋に四国・香川県(ホームポート仁尾マリーナ)のヨットが寄港しています。
カルデナスII(LaFitte 44)。

長崎のサンセットマリーナを拠点に、この海域をクルージングしているそうです。
大きいので、本渡の瀬戸は通れず、一号橋方面から八代海に抜けるコースを検討されているようです。

泊地情報 - 屋久島・安房港

九州の離島で屋久島は人気スポットで観光の情報は多いのですが、ヨットの泊地となると、なかなかきびしいようです。今回は、南東岸の安房港です。

入口付近の緯度経度: 北緯30度19分14秒 東経130度02分23秒
おおよその位置はこちら。右に見えているのは種子島。
青い線はGPSの航跡。

これを拡大すると、

左下の船だまりに行く水路は、狭くて、かなり浅いそうです。
× の方には行かないほうが無難。

下図のように高速船トッピー用の桟橋の奥側に係留可能。
こちらも桟橋横の水路はかなり狭いそうです。

情報提供: FreedomRun

泊地情報-鹿児島・野間池/笠沙恵比寿

大型連休で最新の泊地情報(県外)がいくつか入手できたので、ご紹介します。

船舶検査で、熊本県で限定沿海の登録をすると、南限が野間岬になりますが、その少し手前にあるのが野間池。円形の小湾です(図はクリックすると拡大します)。

入口付近の緯度経度: 北緯31度25分09秒 東経130度08分07秒
おおまかな位置はこちら

グーグルアースにGPSのトラックデータ(青い線)を重ねて拡大すると、こんな感じ。

一番奥の漁協の桟橋近くの岸壁にも係留可能ですが、

湾に入ってすぐ左の建物群(笠沙恵比寿)の桟橋に係留可能です(有料)。
岸よりは浅いので、大まわりして桟橋に進むコース(赤線)がおすすめ。

笠沙恵比寿には「船舶にてご来館のお客様へ」というパンフレットが用意され、
料金等はこちらでわかるので、ダウンロードできるようにしておきます(pdfファイル)。
kasasaebisu

情報提供:FreedomRun