台風9号 続報 暴風域にはいる可能性がかなり低くなりました

9月1日朝現在

熊本が暴風域に入る確率が1桁(パーセント)と大幅に低下しました。

進路予測に大きな変化はありませんが、最接近する前にピークをすぎて勢力が弱くなるということのようです。


8月31日夜現在

台風9号はピークになるのが若干早くなってきています。その分、勢力も当初の予測よりは控えめになっています。

強風圏はともかく、暴風圏に入るかは微妙な感じです。

暴風圏に入る最新の確率についてはこちらをご覧ください。

現時点(31日夜)では、次のようになっています。

暴風圏に入る確率

地域 31日21時~01日21時 31日21時~02日21時 31日21時~03日21時
熊本市 0% 13% 15%
宇城八代 0% 14% 15%
天草 0% 26% 27%
芦北 0% 17% 18%

台風9号の進路予測を見ると、5号、8号に比べて東より(九州より)で、

しかも、本日午前の予測では 925 hPa、最大瞬間風速70mにまで成長する(9月2日時点)ようです。

詳細はこちらから

カテゴリー: 気象・海況・台風 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です