今週末の天候

この一週間というもの、有明海では、ほぼ毎日のように北寄りの強い風が吹いていて、海は荒れ気味ですが、今後はいったん小康状態になった後、台風21号の北上に伴って、週末から来週にかけてまた荒れてくるようです。

21号は本日(18日)午後6時45分の段階で、

中心気圧970hPa、最大風速毎秒35m、最大瞬間風速50mで、

今後もまだ成長する可能性はあるようです。

秋の台風にしては速度が遅く、21号が九州に上陸する可能性や九州西岸が暴風雨圏に入る確率は低いようです(現時点で、土曜午後3時までに熊本が暴風圏に入る確率はほぼなし)。

気象庁の台風進路予測

米軍の進路予測

コース変更と新帆走指示書(第42回熊本ヨットクラブ会長杯ヨットレース)

第42回 熊本ヨットクラブ会長杯ヨットレースはコースが変更・短縮されます。

大矢野島・白涛沖 ~ 羽干島 ソーセージコースで2周

ペルラの湯舟での後夜祭はありません。

新しい帆走指示書です(10月16日最新版)。
KYC-yachtrace-instructions_20171021_final

第42回熊本ヨットクラブ会長杯ヨットレース 追加情報

10月21日(土曜)に開催される熊本ヨットクラブ会長杯ヨットレースについての追加情報です。図はクリックすると拡大します。

●レース海域
スタート:右の大きな赤丸(有明町・黒島付近)
フィニッシュ:左の赤丸(本渡・ホテルアレグリア沖)

タイムリミットの時間以降はAYCの泊地入口の水深が不足するため、
フィニッシュ地点の本部艇はヨットではなく紺と白の小型モーターボート(こはえんかぜ)になりますので、ご注意ください。
目印にクラブ旗を掲揚する予定です。

なお、本渡港の水深は(航路を外れない限り)まったく問題はありません。

●レース艇の係留場所
本渡港で、旅客船用の大きな桟橋からさらに奥に進むと、3つの小桟橋があります。
その一番手前(公共桟橋)に係留してください(赤丸)。
その先にある赤い桟橋と一番奥の緑色は漁協専用(必要に応じて交渉見込み)。

●公共桟橋から後夜祭会場(アレグリア併設のペルラの湯舟)まではバスの送迎があります。

●レース当日の潮汐(本渡)
10月21日 満潮 9:33  干潮 15:39  満潮 21:27
10月22日 満潮 10:04 干潮 16:07

当日の潮の流れはこうなっています。
10月21日午前10時(スタート時刻)

10月21日午前11時

このところ有明海では台風20号(中国大陸方面)の影響と思われる強い風が吹いています。
来週末にはまた別の影響が出てくる可能性もありますので、気象予報はしばらく要注意の状態が続くようです。

第42回KYC会長杯ヨットレース

県内で今年最後のヨット(クルーザー)レースのご案内です。

日時:平成29年10月21日(土) 
スタート 10時00分
タイムリミット 14時00分
海域:天草市有明町・黒島沖 ~ 本渡港沖
参加費:5000円/艇
後夜祭 3000円/人(入浴料、宴会費込み)
後夜祭:ペルラの湯舟 宴会場(天草市・ホテルアレグリアに併設)
(本渡港~会場間のバスの送迎あり)

フィニッシュ地点、参加艇の係留場所、ペルラの湯舟の詳細については、
後日、説明を追加します。

連絡先等の詳細については、「案内」と「実施要綱」をご覧ください。

KYC会長杯レースのご案内(pdfファイル)
KYC会長杯ヨットレースのご案内_20171021

実施要綱(pdfファイル)
KYC会長杯ヨットレース実施要綱_20171021

参加申込書(KYC主催レース共通、Excelファイル)
KYCレース参加申込書_2017

 

第72回県民体育祭セーリング競技大会  成績表と写真+どこでもヨットレース

第72回熊本県民体育祭セーリング競技大会の成績表、写真、「どこでもヨットレース」を送っていただきましたので、こちらからご覧ください。

優勝 フェアウインド
2位 GAIA
3位 MAPPLE
4位 マニューバー

1時間のレースで4艇が1分以内のフィニッシュという接戦だったそうです。
成績表 72thクルーザー成績(pdfファイル)
下の写真はクリックすると拡大します。

GPSデータによる「どこでもヨットレース」です。
e-yacht (zipファイル)
ファイルをPCにダウンロードし、解凍(展開)した後、e_yacht.exeをクリックすると自動的に開始されます(写真下)。なお上に掲載した写真はレース中に自動的に表示されます。

4艇中、GPSデータが取得できなかったマップレを除く3艇(FA=フェアウインド,GA=GAIA,MN=マニューバー)の航跡です。


熊本県セーリング連盟による第72回熊本県民体育祭セーリング競技大会(公開競技)の実施要項と参加申込書を送っていただきました。

下記のリンクまたはイベントページから実施要項と参加申込書をダウンロードすることができます(記入欄がありますので、pdf ではなく、ワードファイルのままです)。

概略、次の通りです。

日時: 平成29年9月10日 午前8時30分 受付開始
会場: 宇土マリーナ(事前連絡で前日9日の午後に宇土マリーナに係留可能)
海域:  宇土マリーナの沖合い
クラス:ディンギー、ウインドサーフィン、セーリングクルーザー
参加費:クルーザークラス 3000円/艇

申込先を含む詳細は、実施要項をダウンロードしてご確認ください。
H29県体実施要項・参加申込

第39回八代ヨットクラブ会長杯ヨットレース (続報)成績表と航跡データ

ギャラリー

このギャラリーには3枚の写真が含まれています。

成績表とGPSの航跡、概況です。 成績表 (pdfファイル) 20170903yatsushironight 極楽蜻蛉のGPS航跡 風下航と風上航の違いがよくわかります(クリックすると拡大します) レースの概況 参加艇は … 続きを読む

KYC会長杯ヨットレースのお知らせ

今年の秋に開催予定のKYC会長杯ヨットレースについては10月14日から21日に変更になり、現時点で概略以下のようになっています。


日 時: 平成29年10月21日土曜日
スタート時間は未定(10時? 予定)
コース: 黒島・リップルランド間をスタート ~ 本渡沖フィニッシュ

艇長会議は開催なし。事前に参加申し込みを受付。

表彰式・後夜祭: ペルラの湯舟・宴会場
参加費: 5000円/1艇
宴会費(入浴料含): 3000円程度(後日正式発表)

*当日は大潮のため、最干を考慮し、
フィニッシュ締め切り時間は14時00分の予定
——————————————————————————————————————-

諸般の事情で変更になる可能性もあります(その場合はこちらでも告知します)。

アメリカズカップの新兵器!?

第35回アメリカズカップは予選を勝ち抜いた挑戦艇のニュージーランドが圧勝して幕を閉じました。

ニュージーランドの7勝1敗ですが、米オラクルチームには1勝のアドバンテージがあったので、実際は8勝1敗という一方的な結果でした。

これで話題を呼んでいるのが、ニュージーランドチームのグラインダー(一般のヨットでいうウインチ)の方式の有効性です。

これまでは両手でぐるぐる回すのが一般的でしたが、ニュージーランドは唯一、スポーツジムの自転車こぎマシンのような足で漕ぐシステムを導入し、それが功を奏したのか?というわけです。

ニュースはこちら(英語ですが動画があります)
http://edition.cnn.com/2017/02/17/sport/cycling-americas-cup-team-new-zealand-sailing/index.html

浦島太郎杯 番外編

日曜の浦島太郎杯レースは風がなくて各艇苦労されたようですが、おつかれさまでした。

AYCから唯一参加した FreedomRunも途中リタイヤしたそうですが、有明海側に戻ってきたところで風が吹き出して快走中──の動画です。

撮影:午後に体験セーリング中のpopeye艇のゲストさん提供

自分のヨットの帆走シーン中を撮影してもらう機会はなかなかないのですが、これもふだんの行いのおかげでしょうか…

なお、6月4日(日)の釣り大会の案内(往復はがき)がそろそろ届くと思いますので、早めに出欠の返事をお願いします(6月から郵便代が値上がりします)。