台風5号 - 続報

8月3日午前で、5号は考えられる最悪のコースを進むようです(九州西岸を北上)。
速度もややあがってきました。
気象庁の進路予測は上方(北に)修正されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本の南海上で停滞している台風5号は、九州に接近する可能性もあるようです。

日本の気象庁の台風予測では沖縄直撃

米軍の予測では九州上陸の可能性も

欧州の予測サイトでは来週の前半に九州西岸に最接近

となっています(画像はクリックすると拡大します)。

台風5号と9号

このところ台風が5号、6号、7号、8号、9号と立て続けに発生し、
現時点では5号と9号が台風の状態を維持しているようです。
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/

9号は台湾~中国大陸方面へ進む可能性が高いようですが、5号は日本の南海上を南西にゆっくり動くようで、予断を許しませんね。

比較対象でよく使われる米軍の台風情報サイトはこちら
http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/
気象庁と台風の定義が若干違っているので、発生番号が異なっている場合があるため、気象庁のサイトで台風の愛称を確認したうえで、米軍サイトでその名前の欄にある(TC Warning Graphic)を見ると、わかりやすいと思います。
ちなみに5号はNoru 9号はNesatです。

台風の進路予測では最長の10日先まで予測していることで知られているのが
ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)。
https://www.ecmwf.int/

メニューの[Forecasts] から [Charts] – [Medium range] – [Mean sea level pressure and wind speed]を順にクリックし、[Area]からEastern Asia をクリックすると、
こんな画面になります。

四国の南側にある濃い緑の円が8月4日の5号の位置です(9号は消滅しています)。

台風3号

台風3号が発生し、いきなり九州接近の可能性があるようです。
誕生したばかりで、勢力も小さいですが、どうなるでしょうか。

気象庁の台風予測はこちら
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/detail-1703.html

米軍の進路予測はこちら
http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/

3号はTropical Storm 05W (Nanmadl)で、
2行目のTC warning graphicをクリックすると表示されます。

海岸・風速風向情報

大型連休はほぼ晴天のようで、海に出かける人も多いと思いますが、ヨットを含めたプレジャーボートに便利なサイトのご紹介です。

熊本県統合型防災情報システム
http://www.bousai.pref.kumamoto.jp/

防災情報ですが、おそらく県内の風に関する情報は、ここが最も充実しています。

このサイトで[実況]-[海岸・風向風力情報]を選択すると、こんな画面になります。

左上のタブで全県、熊本市、荒尾玉名、宇城八代、天草、芦北が選択できます。
宇城八代はこんな感じ

天草地方はこんな感じ

各地の風速を同じ画面で同時に確認できるのが特徴です。

詳しく知りたい場合は青の四角をクリックすると、
風速、風向、気圧、潮位が10分単位(上段)、1時間単位(下段)で表示されます。
これは本日の三角

台風18号続報 (9月30日更新)

台風18号の9月30日現在の進路予測です。
米軍の予測(JTWC)

wp2116_0930
気象庁の進路予測はまだ九州付近まで来ていないので、ウェザーニューズの予測
1618_0930
———————————————————————————————————-

台風18号は、17号と少し違った進路をとる(日本に接近する)可能性があるようです。

まだできたばかりで小さくて、実際に影響が出るのは来週以降でしょうが、いやな進路予測が出ています。
気象庁の進路予測
japan_wide_2016-09-28-21-00-00-large
台風予測のサイトはこちら
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/

米軍の進路予測
wp2116-28
予測サイトはこちら(18号はCHABAという愛称です)
http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/

台風16号

台風16号の進路は鹿児島方面に進みそうな気配が強くなってきました。
wp1816d
9月16日12時現在の勢力です。
中心気圧:950hPa、
最大風速:40m/s、最大瞬間風速:60m/s
暴風域:半径90km

気象庁の予測では、明日(9月17日)12時に
中心気圧:935hPa
最大風速:45m/s、最大瞬間風速:65m/s
暴風域:半径220km

でピークに達し、以後、気圧は高くなり最大風速は弱くなっていくが、
暴風域の範囲は拡大しつつ、九州付近に達するという予想になっています。

気象協会の台風16号の予測サイトはこちら
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/detail-1616.html

台風12号

天草・芦北・八代が暴風域に入る確率が4割をこえました。台風12号が直撃するのは間違いないようです。

続報:9月4日朝の時点で、台風は速度が遅く、鹿児島・熊本への上陸の可能性は小さくなりました(九州北部の可能性大)。勢力もピークをすぎつつあるようです。
気圧 955hPa→975hPa、最大風速 40→30m(瞬間55m→40m)、
暴風域半径 60km→40km
暴風域に入る確率は各クラブ泊地のある天草のみ50%を超えています。
続報:9月4日昼の時点で、暴風域は消滅しました。

気象庁の台風情報はこちら
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/
進路は多少東西に揺れていますが、ヨット泊地周辺を通過しそうです。

熊本県の暴風域に入る確率はこちら
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/storm/detail_pref-1612_pref_46.html

国内の台風情報はどこも気象庁の情報を使っていますが、セカンドオピニオンとして米軍の予測はサイト(今回はほぼ一致しています)
http://www.usno.navy.mil/NOOC/nmfc-ph/RSS/jtwc/
このサイトで「15W Namtheum」とあるのが12号です。
TC Warning Graphicをクリックすると最新情報が表示されます。
wp1516

ボランティア情報

地震から一週間たって、ボランティアセンターも立ち上がり、ボランティアの募集も開始されました。

ただし、善意だけではかえって現地に迷惑をかけることもあるので、ボランティアの方にも最低限の準備が必要になります。

災害ボランティアに関する情報については、まずこちらをご覧ください。http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/kinkyu/pub/default.asp?c_id=23

具体的なボランティア募集については、それぞれの市町村の社会福祉協議会で行われています。

熊本市社会福祉協議会
http://www.kumamoto-city-csw.or.jp/

益城町社会福祉協議会
http://www.mashiki-shakyo.or.jp/

最新情報はフェイスブックなどを含めたSNSで提供されていますが、
ツイッターでおおまかな動きはわかると思います。
http://bit.ly/k1TG9S

道路交通情報

地震発生から1週間近くたって、緊急避難から支援物資の運搬やボランティアで動く必要が出てくると思いますが、通行止めや交通規制もまだかなり多く残っています。

断片的な情報はSNSなどに散らばっていますが、こちらに整理された道路交通情報があります。
http://www.jartic.or.jp/

[熊本]-[熊本市・阿蘇方面]を選択すると、この画面になります(クリックすると拡大します)。
roadinfo01

[規制情報]では地域・道路別に規制状況が示されます。
roadinfo02

情報は5分おきに更新されています。