にっぽん丸の三角寄港について 10月21日(土)

10月21日(土)は熊本ヨットクラブ会長杯ヨットレースの開催日ですが、当日に「にっぽん丸」(22472トン、全長167m)が三角港の旅客船バースに入港・接岸するようです。

接岸 午前8時 離岸 午後5時(予定)

入出港の航路は八代海経由(蔵々ノ瀬戸、寺島航路)のようで、有明海には直接影響はありませんが、近くを通る場合はご注意ください。
熊本県土木部港湾課からの「お知らせ」はこちら。
Nipponmaru_20171021

第39回八代ヨットクラブ会長杯ヨットレース開催要項

第39回八代ヨットクラブ会長杯レース開催のご案内
スタート   9月2日(土) 16:00
タイムリミット9月3日(日) 12:00
表彰式    9月3日(日) 14:00(レース終了後予定)
場所:八代 大島東浦 ヨット泊地付近
艇長会議    9月2日(土)14:00時
大島西浦ヨット泊地付近
参加料     一艇 ¥5000円
参加申し込み   別紙様式にて 9月1日(必着)までに参加料を添えて下記に申         込み下さい。
(例年とおり当日受付もいたしておりますが、その場合は事前に         お電話下さい)
〒866-0014  八代市高島町4366番地1
キャプテンガンバ  高岡晃廣
Tel .Fax 0965-35-〇九六四                 携帯090-5024-7389
又は岡村哲生のメールへ shine@mti.biglob                       e.ne.jp
表彰対象     総合1位 2位 3位
コース  八代海内60マイル
イ) スタートライン 八代港外三ツ島南島東側に標旗を揚げた浮標と        八代外港岸壁に揚げた標旗との見通し線

ロ)  廻航点  八代海南端 桂島を反時計廻り、本船航路を避け        て築島西側を航行のこと

ハ) フィニシュライン 八代港外三ツ島南島東側に標旗を揚げた浮標        と八代外港岸壁に揚げた標旗との見通し線

潮汐 (八代港)
9月2日(中潮) 満潮19時 3分
干潮12時28分
9月3日(中潮)  満潮06時49分  19時44分
干潮01時06分   13時18分

琵琶湖でヨットの転覆事故

琵琶湖でヨットの転覆事故があり、乗っていた69歳の男性が行方不明のようです。
ニュースはこちら
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170528/00000014.shtml

記事にはヨットの種類についての説明はありませんが、このサイトの動画に映っているものからすると、ハッピーキャットというインフレータブルのカタマランのようです。

このカタマランのメーカーサイト(英語)はこちら
http://www.happy-cat.at/en/home/

ヨットの事故の動画(米)

ユーチューブなどにはヨットがらみの事故の動画がたくさんありますが、

今回はニュースで取り上げられているのは珍しいようです。

それにしても、なんでこんな波打ち際に入り込んだんでしょうか。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000097990.html

太平洋横断中の中国のヨットが消息を絶つ

シングルハンドで太平洋横断の記録更新に挑戦するため10月19日にサンフランシスコを出港し上海をめざしていた中国人ヨットマン(単独無寄港の世界一周の経験者)のヨット(97フィートのトライマラン)からの連絡が途絶え、出動した米・沿岸警備隊の捜索機が無人で漂流している艇を発見したそうです。

ニュースサイトはこちら(日本語)
http://www.afpbb.com/articles/-/3105832

(英語)
https://www.theguardian.com/us-news/2016/oct/27/us-coast-guard-suspends-search-guo-chuan-chinese-sailor-lost-mid-pacific
こちらは英語のニュースですが、米コースガードが撮影した漂流中のヨットのビデオがあります。
マストにメインをあげていますが、ジブは海中に落ちて引きずっているようで、人の気配はありません。ライフジャケットも発見されたそうです。
嵐に遭遇したというよりは(ジブ交換中の)落水事故のような印象です。
この報道によるとコーストガードはすでに捜索を中止し、サポートチームが艇の回収をこころみるそうです。