気象庁の洪水警報(川)危険度分布+土砂災害(崖崩れ)危険度分布

今後も熊本を含む九州南部には線状降水帯が発生して、大雨が連続して降り続く可能性があるようです。

こちらは気象庁の土砂崩れの危険度をリアルタイムで示すサイトです(洪水警報の危険度を示す地図と同じところにあり、切り替えできます)。

土砂崩れの地図も河川の氾濫のマップも自分の地域を中心にしてさらに拡大できます。


大雨のため熊本県南部で河川の氾濫が起きているようです。

気象庁の洪水警報の危険度分布で川の現在の危険度がわかります。

今朝のデータがこれ

洪水・氾濫の可能性がある河川は (安全)薄青~黄~赤~紫~黒(危険) に塗り分けられていて見やすいです。

気象庁のサイトはこちら

カテゴリー: 気象・海況・台風 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です