台風15号 九州に上陸し横断する可能性

台風15号の進路予測が大きく変更され、九州に上陸し横断(縦断)する可能性が出てきたようです。

8月14日午前6時現在、中心気圧は 996hPa

中心付近の最大風速 25m/s、最大瞬間風速 35m/s

と小さくて暴風圏もないので、大きな影響はないかもしれませんが、台風は台風なので、クルージング等では注意が必要ですね。

カテゴリー: 気象・海況・台風 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です