台風18号 続・続報

10月3日(月)現在、台風18号の気圧は925haと成長していますが、
進路予測はさらに西よりになり九州に上陸せず対馬海峡を抜ける可能性が出てきたようです。気象庁の最新の進路予測(米軍の予測もほぼ同じです)。
typhoon_1618_2016-10-03-10-00-00-large
台風の進路予測は一定方向にずれていくものと、振り子のように揺り戻しがあるものがありますが、今回はどうでしょうか。

—————————————————

進路予測が大きく変更され、鹿児島よりから熊本・長崎よりになってきました。
考えられる最悪の展開です。

2日12時現在の中心気圧: 935hPa
中心付近の最大風速: 50m/s
最大瞬間風速: 70m/s
25m/s以上の暴風域: 全域で130km
気象庁の予測
typhoon_1618_2016-10-02-12-00-00-large
米軍の予測
wp21161020a

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です